by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


屁理屈 Kaikouの目次に戻るには、上のタブをクリックしてください。

タブが見えない方は、文末に、目次に戻るリンクテキストがあります。




屁理屈 Kaikou    「働くために働かない」




  仕事なんだから無理してでもやんなきゃダメじゃん、というヒトがいるが、多分間違っている。

  毎日するある作業中は血圧が上がって血管キレそうになる、というヒトがいたが、たぶんそんな困った気合いは入れぬほうがよい。

  働くのは、苦を逃れて楽をするためである。

  食べるものがない、寝る屋根がない、着る服がない(お洒落な、という意味ではないっス)、言いかえるとそれらを買えない、という苦労を逃れて、ラクをするために働くのだから、ラクをするための仕事で要らぬ苦労をするのは、たぶん本末転倒なのだ。

  手を抜くべきだ、と云っているのでは無論ない。

  よほどモノすごい報酬が貰えるなら別かもしれないが、仕事は、ストレスを溜めまくってまでするものでは、たぶんないのだ。

  仕事上の技術を習得する、という一面においては、たしかにストレスを溜めてでもやるべきではある。ストレスをかけないと、未経験の技術など身につくものではないのだから。しかし毎日毎日毎日毎日繰り返す作業で、毎日毎日毎日毎日ストレスを溜める、などというのは、単に大馬鹿野郎であろう。(ストレスを溜めるのが好きで好きでどうしようもネェ、というのなら無理には止めないが、その場合でも大馬鹿野郎には違いあるまい)

  働くのは楽をするためで、苦しまぬためだ。まじめに、誠実にやるのは当然だが、働いて苦しむことはない。

  苦しんで働くのが仕事、と思っているヒトがいるなら、それは、多分間違っている。

2001/09/01

屁理屈 Kaikou (目次)に戻る

TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"

文責:@ Kaikou <木下裕文>