by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


イカゆーびん

     私はいろいろな郵便物を目にするんですが、世の中には個性的なヒトがたまにおられまして、たまーに、思わずのけぞるような郵便物を目にすることがありますな。
  おそらく茶目っ気を出して送ったものなのでしょうが、常識を遙かに凌駕する強烈な郵便物をたまにみかけます。あるいは観光地あたりの土産物屋で目新しい絵はがきの一種として売っているのかも知れませんが、いままででもっともインパクトのあったのが、のしイカに切手を貼って宛名と通信文を書き込んだ「イカゆーびん」。
  「のしイカ」ですぜダンナ。ハガキよりちょっと大きめの干したイカそのものに、ちょこなんと切手が貼ってある。宛先も書いてある。ビニールでパックされているでもなく、そのまんまイカ(もちろん定形外)。いわゆる鯣イカに、そのまま切手が貼ってあって香ばしい香りが…。
  コレを郵便物の山の中から、ひょいと手に取ってしまった時はあーた、「うひゃあ」てなもんで思わず硬直しましたぜ。「イカ!イカ!」とかゆって(笑)
  だってイカですぜ? イカ。イカに切手貼って、郵便に出す奴がいると、どこの誰が予想しますか(いや、いいんですけどね)。
  出す方も出す方だけど、窓口で受ける方も受ける方だろう、てなもんで爆笑モンでしたが(イヤ、いいんですけどね。郵便法の規定には反していなかったんでしょうから。たぶん)、いったいそんなものがどこぞに売っていたのか(そうかぁ?)、それとも爆発的に個性的なヒトが考えたのか知りませんが、よもやイカに切手が貼ってあろうとは思いもしません。イヤあれは今思い出してもインパクトありすぎでしたわ。
  次点として、サッカーボールに切手を貼って宛名を書いて、そのまんま定形外として差し出したヒトがいましたが、これもなかなかインパクトがあって渡すのに笑いを堪えるものがありましたけれども、いかんせんイカにはかないまへん。だってイカだもの、イカ。(両方とも実話)
  あれ以来、変わった郵便物がまた来ないかと、実は心待ちにしていたりするんですが、さすがになかなか来ません(当たり前だのクラッカー)。郵便なんて、定形外といえどそうそう変わった形のものにはお目にかかれませんから、たまに来てくれると嬉しいんですがねぇ。なごむし。
  それに正直言って、そんな楽しいことを考えるヒトがうらやましい。いいなぁ。面白いなぁ。
  ねぇ?(笑)

って推奨するなよ(笑)
(2001.Apr.17)



TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"