by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


一富士


  1月に御茶ノ水に行く機会はあまりなかったのに、今年は機会があったので、時季外れながら数年ぶりに神田明神様へ初詣をしに行ってきた。
  神田明神への初詣が一時期の習慣になっていたので、行かないとなにか物足りないのである。
  だいぶ正月を過ぎていたのだが、行ってみると参拝客が多く居て、なにか社殿の中では面を被った者が舞を舞っていた。いつもと雰囲気が違うが、まぁ、まだ初詣をしても文句は言われまい、と、そうっとお参りしてきた。
  何年かぶりにスッキリした。神田明神の初詣は良いものだ。
  ニコニコして外へ出て、いつも通り湯島天神の孔子様にもお参りして帰ってくると、田舎の地元駅の陸橋の向こう、はるか遠くに、夕日を受けて富士山の稜線がくっきり見えていた。
  美しいシルエットだ。めったに見えるものではないので、有難がって拝んでしまった。通りかかった婆さんが不思議そうに見ていたが気にしないことにした。
  これで多少は霊験もありそうだと思うと心やすらかである。富士なんか年に一度くらいしか気にしやしないのに調子が良いけれど、確かに神々しかったから霊験があるに違いない。
  正月なぞとっくのとうに過ぎているが、富士を見たから、今年はありがたい年かもしれない、と一人で納得している。なにしろ縁起物だ。めでたいに決まっている。
  などと都合の良い解釈を施して、今年はのうのうと幸運を期待する年初を過ごしていた。
  鷹となすびにはまだ会っていない。

(2016/01/20)



TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"