by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


米炒め

  なんとなくお菓子が食ひたひ、とは誰しも思うところでやんして、しかしこれが甘いものを食ひたひのかというと、そうとは限らないですな。洋菓子なんぞけっこう好きなんですが、ほぼ同程度にパリパリしたモンも食ひたひ。
  ないスか?  「米菓子が食ひたひ」と無性に思う瞬間が。
  まぁたいていは柿の種あたりでかたづけるんですが、たまに食ってみると面白いモンがありまして。それが、「米炒め」。
  なにかといーますとフライパンで米を炒めたもの、ってそのまんまなんですけどね。米といっても炊いた米ではなくて、炊く前の米です。研ぐ前の米。あのちっこくて堅いヤツですな。
  フライパンに油をひきまして、この単なる「米」を、軽く焦げ目がつくくらいに炒める。一粒炒めても悲しいですから、手のひらに乗るくらい、1合に足りないくらいですかねぇ。全部に焦げ目がつくまで炒めていると炒めすぎですので、軽ーく、なんとなく全体がきつね色になるくらい炒めます。
  炒めたやつを、山になるように皿に盛り(お茶碗がグー)、さっと醤油をかけます。
  んでスプーンですくって食う。
  すごく小さなおせんべのよーな味がします。歯ごたえは、無論堅い。噛むのに力が要ります。この、おせんべ味の炒めた米を、口に頬ばってごりごり噛んでますってぇと、米菓子が食ひたひ、歯ごたえのあるモンが食ひたひ、という欲求が見事に満足されます。
  無論栄養にもなる。結構ウマイっスよ。たまにしかやんないけど。

ってビンボくさいお菓子だなぁ。いや贅沢なのか?(笑)
(2001.Feb.17)



  

TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"