by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


幕電


  昨夜、家族に知らされて窓の外を見てみたら、遠い雲の間に、パッ!とオレンジ色の光が輝き続けていた。
  間隔を置いて、パッ!パッ!(早乙女主水之介・・・いや何でもありません)と派手に光るのだけれど、音はまったく聞こえない。
  雲の中で、誰かが巨大なオレンジのフラッシュを焚いているようだった。

  幕電

  幕電

  幕電

  時折、細く稲妻の走るのが見えたから、たぶん雷には違いないのだろう、ということになったが、なにしろ音のまったく聞こえないのが見慣れない。
  円谷の特撮でよく怪獣の出現時に謎の発光の描写があるが、アレの無音版だ。そのせいでなにか自然の事件でも起こっているのかと思ったが、調べてみたらそうではなかった。
  幕電、というのだそうだ。
v広辞苑から曳くと 

電光の一種。樹枝状の火花が見えず、遠方の空一帯が遠雷とともに明るくなるもの。火花が雲に隠れて光の反射だけが見える現象。
とある。
  遠雷は聞こえなかったけれど、どうもこれらしい。音がしない場合は書いてなかったし、火花が見えないこともなかったのだけれど、一説に拠ると遠いので雷鳴が聞こえないのも特徴、というから一致する。
  みんな生まれた初めて見たものだから家族騒然となったけれども、一見不気味ながら、見慣れると非常に美しい自然現象であった。
  およそ1時間ばかりも続いただろうか。
  空には、私の知らない秘密がたくさんあるものらしかった。
(2014/09/14)



TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"