by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


初夏の謎


  畑の近くにいるせいなのか、初夏の頃、疑問に思うことがある。
  カタツムリだ。
  7月になると、コンクリートの上に駐車してある、滅多に動かすことのない愛車の下の日陰を用いて、カタツムリが発生する。
  全長が5ミリにもならない、生まれたばかりのカタツムリの赤ん坊が大量発生するのだ。
  時々様子を見に行くと、車の下から這い出してきたカタツムリの赤ん坊たちが、日光に温められたコンクリートの上で焼かれていたりするので、それをちまちま拾っては、日陰の草むらに逃がしてやったりしなくてはならない。
  稀にクルマを使うときには、よくよく注意深くクルマの下を覗いて見て、ホウキとチリ取りを用いてこれら赤ん坊達をごっそり回収し、全部、草むらの中に逃がさなければならない。

  タイヤの隙間も忘れてはいけない。溝にはさまって寝ていたりするのだ。
  さぁ車を出そう、と思ってから、一手間、二手間ほどかかる。
  このカタツムリの赤ん坊たちは、いったい、「どこから」クルマの下にやって来るのだろう?
  クルマの下には一年中カタツムリが生息していて繁殖もしている、というのならまだ判るが、別段一年中いるわけでは無い。第一、たまにとはいえ走り出すのだから、住み着くわけにはゆかない。
  走り出す前にわたしがどかしてしまうし。
  しからば産みに来るのかしら。ならなぜクルマの下に。
  まるで、どこかから風に乗ってやってきました、といわんばかりにいるのだけれど、由来がよく判らない。彼らはどこからクルマの下に流れ着いたのだろう?
  なぜそこにいるの?
  これが毎年毎年、私の頭をきまって初夏に悩ませる、夏の謎なのである。

(2015/07/19)



TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"