by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


パンと和菓子のらいおん堂


     その昔、我が町には電車が通っておらず、街道沿いを走るバスに乗らないと行けないスーパーが一軒、雑貨屋としか言いようのない「商店」が数軒あるばかりでしたけれども(←まんまイナカ)。
  その当時から健気にも頑張っていたパン屋さん(手作りのパンを焼いて売っている店 ← 当たり前に聞こえるでしょうが、イナカではパンといえば既製品であって、焼いて作る手造りのパンは違和感のあるものだったのです)、バス停のサブネーム(パンと和菓子のらいおん堂前♪)にもなっていた「らいおん堂」が、この度いきなり閉店しちまいました。
  自宅からは町の反対側にあたるためか、はたまたパン食の習慣が(かつては)なかったためか、実は、ほとんどココのパンを買ったことはないのですけれども、つい最近仕事で毎日この店の近辺を回るようになって以来、
  あぁ、そういえば名前は暗記するほど聞いていたのに、この店のパンの味は知らなかったなぁ、てなもんで買ってみたんですね、先日。
  そうしたらコレが

  ウマイ

  なぁああんだコンナにウマかったのぉおお、てなわけで、次に買う日を楽しみに出勤(←忙しくてなかなか寄るヒマがない)、いそいそとチャンスをうかがっておりましたところ

  店じまい(笑)

  あんでですくわ。残念至極とはこのことで、あ〜あの各種特製パン旨かったのに〜と悔やんでも後の祭り。覆水盆に返らず。無い袖から財布はスレない(←違うぞ)。
  ン十年も地元で営業していたのに、わたしがその味を知ったとたんに
  店じまい(笑)
  あぁなんたる不幸。すれ違うのが人生よ、とはいうものの、もしやわたしってば運に見放されてませんくわ〜(笑)てな感じで忸怩たるものがありますな。涙目だし
  ウマいパン屋なんてぇものはですな、少なくともこの町ではめったにお目にかかれないものなわけで(←そもそもパン屋がなかったし)すなわちレア、貴重な獲物を逃すことなんですけれども、
  逃しちまいました(笑)  しかもン十年も近くにあった獲物を〜。やっぱりなんですな、こんな田舎の町にも文化圏のようなものがあって、あっちはあっち、こっちはこっち、という意識があるんでしょうな。らいおん堂方面はわたしのテリトリーじゃなかったんです〜。どちらかというと発展した部分で、畑と田圃の住人にはあまり縁がなかったもので(←無精なだけ)。逃がしたサカナはとっても大きい。
  これまでわたしはこまめにあちこちの店を回る方々の気持ちってえのはわかりませんでしたが(←無精なだけ)なるほどかくのごとき不幸な事態を未然に防ぐためにはこまめに店は回らなあかん、と。俗物は俗物らしくこまめでないとあかんのですな。半俗物のあたくしといたしましては勉強になっちまいましたぜ。それにしたってあなた

悔しいったらありゃあしねぇ

  かくしてパン屋彷徨は続くのでしたとサ(笑)


固い焼き上がりのソーセージパン旨かったのに〜
(2002.Apr.14)

TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"