by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 


つくづくやなタイトルだなぁ


超電磁たつまきダウン!

  自己紹介にも書いてありますが、あたしゃあとっても痩せておりまして、160センチのコンパクトな身長に、体重が40kgしかない。脂肪がほとんどない。
  鶏ガラかヘヴィ・メタルのムーバブル・フレームかというくらいで、もはや人間じゃないんではないか、生きているように見えるけどもしやゾンビでは、と大評判のわたしには、余分なお肉がちっともついておりません。
  痩せの大損、てなもんで食っても食っても脂肪がつかない特異体質。どこに肉がないのかというと、まぁ概ね全身脂肪が少ないんですがなんといってもおなかの脂肪が少ない。

  こんなこと書いてると世のやや太めの女性の方々から夜道で狙われたり問答無用に車で轢かれたりしそうですが、痩せているものはしかたがない。第一わたしのせいじゃない。
  しかしこの、ある人々にはえらく羨ましがられる、面白くもなんともねぇ体型にはムカつく点が多々ございますな。イロイロありますが、なにより体型に合う服がない。
  婦人服ならいざ知らず、紳士服に、そんなスリムな服があるわきゃあないんですなこれが。だから何を着てもブカブカ。でもってムカムカ、というわけで、体に合っていない服を着ざるを得ない暮らしには大いに不満がございます。特にオナカ。
  一般に売られている紳士服は、ほとんどすべてがウェスト太すぎ(わたしが痩せすぎ)なんでございますよコレが。それもズボンを履いて、ウェストを引っ張ると、空いたすき間に縦にした片手の拳が楽々入る、てなくらいでございまして、喩えて言えば一般の方が、相撲取りサイズのズボンを穿くようなモンなんでござんす。タテは合っているが、直径がちぃとも合っちゃいない(シャツなんかもそう。長さは合っているが、想定された直径が合っていない)。
  んで聞いた話には
「婦人用のズボン履けばいーじゃない」
  という意見があって、なるへそ  と納得して買ってみたんですねコレが(<素直に買うなよ)。
  ところが履いてみるとこれが

ドぴったり

  おなかピッタリ、脚ピッタリ。脚を取り巻く布地がダブダブ、パタパタしていない。ズボンが体型に合っている。
  こらぁアナタ、感動モンでしたわ。生まれてこのかた、初めて躰にあった服を着たような気がする(笑)。この感動はひっじょーにお解りいただきにくいでしょうから、ここでわざわざ解説させていただきやす(イヤミかも)。
  このぴったりフィットのサイズが、ウェスト61センチ。でも、引っ張ってみるとまだ余る。そこで欲を出して、ウェスト58センチのものをそ〜っと買ってみました(<だから買うなってば)。履いてみると、

ぴったり(笑)

  履けちゃうんですねコレが。ここからが本題。
  このピッタリサイズが58センチ。ところで紳士服のウェストサイズは、普通最小で73〜70センチ(70センチはあんまし置いてないですね)。背広なんかではYA型なんていって細身体型のものもありますが、カジュアルでは普通細いのでそれくらいですな。と、いうことはですよ。わたしは十数年以上ものあいだ、おおむねウェストが15センチ太い服を着続けていたことになります。
  考えてみておくんなせい。仮にあなたのウェストサイズが78センチだったとします(紳士服の話をしています)。さてあなたが服屋さんにズボン(いまはパンツというのかな?)を買い求めに行くと、そこに並んでいるズボン(パンツ)は、最低サイズが93センチからだったとしたら?
  最も細いサイズを選んでも、93センチ。「93」センチですよ?  あなたのウェストサイズが78センチだったとして。ウェスト78センチのあなたは、ウェスト93センチのズボンしか履けない。なぜなら、それしか売っていないから。
  どの店へ行っても、なにを選んでも、ウェスト78センチのあなたが履くズボンはみ〜んなウェスト93センチ。それ以下のサイズは、売っていない。
  お解りいただけますでしょうか?

ムカつくったら、ありゃしねぇ

  と思いませんくわ?  いや、(この場合は)あなたが。

  オマエが変わってるんだ、と言われればそれまでかも知れませんが、そいつぁわたしのせいじゃない。御自分に置き換えて考えてみていただきたい(切に)。
  ガリバー旅行記じゃないんですから、あなた、自分よりはるかにウェスト太いのが当たり前な世の中なんて、楽しいですか?
  あたしゃこの事実に(ようやく)思い至った時にゃあ、あまりのショックにバレリーナのごとく、あるいはまさに超電磁タツマキを仕掛けんとするコンバトラーVのごとく、くるくるくるくるくるくるくるくるくるっ、と高速廻転してぶっ倒れるかと思いましたゼ。いやホントに。
  危うく寝込むところでした。
  あまりにそれが当たり前のコトだったので、ちっとも気が付きませんでした。
  いったいなにがどうしたら、わたしがそんな理不尽な世の中を生きてゆかなくてはならないでしょうか?(笑)
  それじゃまるで、わたしは相撲取りの(相撲取りしかいない)世界を生き続けなくてはならない一般人みたいじゃないですか!(絶叫)
  お解りいただけますでしょうか。
  ウェストが15センチ太いズボン(パンツ)しか売ってない世界。想像できますか?
  女性ならスカートを想像してくださってもよろしい。ウェストが15センチ太いスカートしか売ってない世界。「15」センチですよ?
  それがフツーの、世の中。何が面白いんだ、そんなトコ
  わかってもらえます?  いまさらながらに気がついたことには、あたしゃそんな世界を生きてるんですゼ!
  あまりのショックに、そのまま超電磁ヨーヨーまで使いこなせそうな気がしてきますヨ(混乱している)。
  なんだそりゃ、一体?  なんでわたしは、そんな場所を生きていますか?
  世の中が自分に合っていない、なんてぇのは幼稚な子供の言うことですが、この場合

本当に合っていない

  ってんだから笑っちまいますな。え?  笑えない?  だって、笑うしかないデショ !?(笑)
  なんてコトざんしょ。まったく、なんてコトでござんしょう?
  なにが言いたいのかって?

愚痴ですよ、愚痴。

  ケッ、やってらんねぇやべらぼうめい(<畳の上で酒を抱えてクダ巻いていると思っていただきたい)。何様だこんチクショウめ、太けりゃいいってもんじゃねぇぞこのスットコドッコイがごるぁ!
  しかも他人様はほぼ全員そうだときてやがる。何様だオマエさんがたぁ、って他人様なのか、ハイハイごめんなさいよ、とくらぁこのポンポコピーのポンポコナーの・・・もうイイヤこんチクショウ(泣)

  そんなわけで(まったく、もう)、この世の中にはそんな風に生きている輩もいるんでございますわよ、という、面白くもなんともない愚痴でございました。
  え?  面白い?

殴るぞこの野郎





服を全部オーダーメイドにしろ?
んな裕福な身分じゃねいやい(笑)
(2002.Aug.27)



TOPページ(目次画面)に戻るには、あるいは別のコーナーへ行くには上部の各タブをクリックしてください。タブの見えない方はこちらメニュー(目次画面)へ戻るからどーぞ。

ページ上部に戻る

all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"