by @Kaikou.          カウンターです  

日記  屁理屈  Photo  Flying  Lyrics  Books  Writing  俗物    BBS  Links  at 

たらこロゴ

開いてマス

※2007年 牛嶋神社大祭の記録写真は コチラ です。


第951回

2019年1月13日

■ 正月に 枯れ枝の鳥と 機械鳥。


  年が明けて、数日来客を迎えて過ごしている内に、どうやら体が寒さに慣れたようで、朝方を除けば震えなくとも済むようになった。

  年明けの田舎には、あちこちの枯れ枝に若鳥がやってくる。

  大人ではなくて、子供の鳥たちだ。

め、じ、ろ

  いろいろ来る。

  どこぞで生まれた子供たちが渡ってくるようだ。やがて二月になる頃には消えるから、どこかへ渡る途中なのだろう。

見づらい鳥

  そして正月といえば、棚崩し(鏡開き)を過ぎた頃、一月の中頃に巨大な鳥が飛んでくる。

  毎年ほぼ同じ時期に、頭の真上を機械の鳥が飛んでいくのだ。

2機目
2機目

3機目
3機目

4機目
4機目

5機目のおなか
5機目。ちなみにこれは新型機。

  去年は写真に撮ることは叶わなかったのだけれど、今年は大体の時期がわかっていたので写真に撮ることができた。

  なんでも空挺部隊の人達が乗っていて、年始めに習志野へ落下傘で降下する日なのだそうだ。

  書初めみたいなものだ。

  いままではそれを知らなかったので、毎年明けになぜ低空を連続で通過する日があるのか謎だったのだが、今年は謎が解けてたいへんスッキリした。

  そのようにして平成の終わる年は鳥の写真と共に明けたのでございました。

画面上部のボタン からは、他のコーナーに移動することが出来ます。


このWEBサイトは Dream Train Internet 全スタッフの御尽力により稼動しています。

  当ホームページを御覧くださった皆様に、心から御礼申し上げます。
(また見てね)

@ Kaikou. "Taraco WORKS"
since 2000.Sep.27
Ver 2.7
all Text written by @ Kaikou. "Hirohumi Kinoshita"

E-Mail: kaikou@fides.dti.ne.jp